スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

aeolus (LM3886+F0032) (5)

aeolus (LM3886+F0032) 完成です!


いろいろ原因を探ってみたら、犯人はF0032でした。
F0032搭載基板のテスト時にやらかしてしまったみたいです。

途中1794の5V供給の秋月端子で接触不良も発生(汗)。

やはり端子はワイドミューラー等、信頼のおけるものに交換しなくては・・

リニューアル後のLM3886+FETの状態でしばし聴き込む。
エージング不足、トランスの極性合わせなどまだなので、
やや混濁してる感じが否めない感じがします。



F0032搭載基板を取り付けて試聴。

FETよりぜんぜんよいです!

中高域を中心に情報がぐっと増え、細かい描写が鮮明に表現されます。
かと言って低音がやせるということもありません。


F0032に変えることで精密な表現になるかと思いましたが、
意外にホットなサウンドで楽しく聴けます。

ただまだ、混濁感はまだ残っているので調整は必要と思われます。




REGの出力に180μ分追加しました。
IMG_2737.jpg
スポンサーサイト
[ 2010/11/11 00:21 ] パワーアンプ | TB(0) | CM(1)
FETよりいいのが分かっていただけてよかったです
すずぼんさん こんばんは。FETよりディスクリF0032の方が良いのが分かっていただけてよかったです。
私のものはすずぼんさんのものより簡素で,ユニバーサル基板のディスクリ0032ですが,FETより明らかにいいです。FETのものもすぐにさせるようにFET基板も作って挿し換えて聴けるようにしてあります。
[ 2010/11/11 22:44 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。